秋田県木材産業協同組合連合会のホームページへようこそ

 

スギ一般材製品の施工事例

 

秋田駅トピコ郵便局(秋田県秋田市)

秋田駅トピコ郵便局(秋田県秋田市)
 
秋田駅トピコ郵便局は、令和2年3月19日、秋田駅ビル「トピコ」のリニューアルオープンと同時に1階フロアの約200㎡のスペースに開業。
 
 
全景
 
 
 
上部壁面
 
 
ポスト囲み板
 
   
開放的な店舗になっており、吊下げサインの上部の壁面や郵便ポストの囲み壁などに秋田スギの源平板目材を使用。秋田スギの木づかいにより暖かみのある空間を創り出している。
 

旬菜みそ茶屋くらを(秋田県横手市増田町)

旬菜みそ茶屋くらを(秋田県横手市増田町)
 
内蔵の町として国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている秋田県横手市増田町に、古くからの酒蔵の建物の中に「見学者のお休み処」として平成25年に開店し、令和2年3月にリニューアルオープンした。
 
 
カウンター
カウンターは、秋田スギの柾目小割材をラフ挽きのまま使用。丸い形はみそ樽をモチーフにしたとのこと。縦じま模様の源平と旧酒蔵の古色のコントラストが雰囲気を醸している。
 
 
引き戸
カウンターの奥に左右どちらから回っても、食堂に出入りする秋田スギの柾目材で設えた引き戸がある。食堂内はテーブルに広葉樹のタモを使うなど木づかいにこだわっている。
 
壁板
店舗全体に秋田スギの柾目小割材を壁として縦使いし、スギの源平と障子風の断熱透かしの壁の白が旧酒蔵の古色に映えている。
 

秋田オーパ (秋田県秋田市:株式会社OPA)

秋田オーパ (秋田県秋田市:株式会社OPA)
 
平成29年10月に秋田市のJR秋田駅前西口に、新たな都市型ファッションビル「秋田オーパ」としてオープンし、建物は、地上8階、地下1階、延べ床面積約1万㎡で、おおよそ50店舗が入居している。
 
 
正面エントランス(スギ壁面)
 
 
1階エレベーターホール(スギ壁面)
 
1階正面エントランス耐震補強構造(スギ羽目板の化粧貼り)
 
2階エスカレーター横(耐震補強周り柱・腰壁スギ化粧貼り)
 
2階ギャザリングスペース(天井スギ化粧
   
 1階正面のエントランスインフォメーション、エレベーターホールの壁面や2階エスカレーター横の耐震補強周りの柱・腰壁にスギの小割材をルーバー風に使用している。
また、ギャザリングスペースの照明によって仕切られた天井にはスギの小割材を縦横に使用しているほかX型耐震補強の化粧材など、秋田県産のスギをふんだんに使って秋田の木の文化を表現している。
<<秋田県木材産業協同組合連合会>> 〒010-0003 秋田県秋田市東通二丁目7番35号 TEL:018-837-8091 FAX:018-837-8093